Monthly Archives: 9月 2013

You are browsing the site archives by month.

photoshopでバッチ処理

複数枚の写真サイズを一括処理で小さくしたいの。

ってことで、フリーソフトを探そうかと思ったのですが、ふと全然使いこなせていないPhotoShopを思い出しました。
やっぱりバッチ処理できるのね~。

やりかたは↓のような感じ。

★アクションを記録する。
(1)アクション作成用の写真を開く。
(2)[Window]->[action]パネルを表示
(3)[新規アクションを作成]をクリック
(4)アクション名をつけ[記録]ボタンをクリック。
(5)記録開始ボタン(●)が赤●となり、記録がスタートする。
(6)解像度の変更、別名で保存、jpegオプションを指定する。
(7)停止(■)ボタンをクリック。記録を停止。
キャプチャ2

★フォルダとファイルの指定
(8)[File]->[自動処理]->[バッチ]で、バッチ処理のダイアログを表示
(9)(4)で指定したアクション名を選択し、読み込むフォルダ、保存先等を設定
別名で保存のコマンドを省略にチェックしておくと、毎回jpegオプションを設定せずにすむよ。
(10)[OK]ボタンをクリックすると一括処理がスタートする。
キャプチャ
画像サイズを変える以外の処理にももちろん使えるよ。
ちなみに、使ったバージョンはCS5でござる。
Photoshop7にも発見。ずいぶん前からある機能なんだね。知らなかったよ。ほほーφ(..)

以上、Over!!

よへこの旅。in 千葉茨城

気温40度を記録した夏の日。
青春18切符でおでかけしてきました。
行先は、千葉・茨城方面。
今回のタイムテーブル。
キャプチャ1
ぐるっと370km
map2
ホキ美術館と佐原で途中下車。

↓↓↓ホキ美術館みつけた。
DSC03516-null
↓↓↓配置図兼看板
DSC03515_S_jpg
↓↓↓結構、住宅地。
DSC03518_S_jpg
↓↓↓近づいてみる。
DSC03655_S_jpg
↓↓↓筒状の構造体。
DSC03557_S_jpg
↓↓↓横から。空中30m。
DSC03565_S_jpg
↓↓↓エントランス付近。
DSC03631_S_jpg
中で鑑賞いるとだんだんどこにいるのか分からなくなる感じ。
これはこれで楽しいかな。

↓↓↓銚子付近に近づくと風車がたくさん見える。
見えていたのは銚子ウィンドパークっぽい。
DSC03753_S_jpg
↓↓↓銚子電鉄。外川駅
DSC03738_S_jpg
銚子電鉄はぬれせんべいで有名ですが、銚子にはいろいろ名物があるようで・・・。
↓↓↓銚子名物の伊達巻。
卵の部分はやや甘めでまるで固めのプリン!!!
DSC03713_S_jpg
銚子電鉄を堪能して佐原へ。
↓↓↓駅からちょっとあるいたところにある町並み。
DSC03765_S_jpg
↓↓↓いろんなお店があるよ。
結構面白そう。もう一回ちゃんと行きたい。
DSC03781_S_jpg
鹿島臨海鉄道大洗鹿島線
↓↓↓鹿島神宮から水戸まで。JRじゃなくってよ。
DSC03800_S_jpg
海側を走ることを想像していたのに、まったく海が見えず。
↓↓↓長者ヶ浜潮騒はまなす公園前駅
DSC03805_S_jpg
南阿蘇水の生まれる里白水高原駅(南阿蘇鉄道高森線)と並んで日本一長い駅名。

ぐるっとひとまわりでした。
それにしても、あまりに暑いと散歩は危険ですな(^^;)

以上、OVER!!

それゆけ!Fortran。Module文

FortranでTRNSYSのコンポーネント作成する際、使いまわしをできる処理はSubroutine化したほうが間違いが少なくなります。

Fortranのsubroutineでは、呼び出す変数をいちいち宣言しないといけないので、よく使う変数や定数があるようであれば、Module文を用意してその中に書くようにするとglobal変数として扱えるようになるので便利です。

このModule文、Fortran90からの機能でFortran77のCommonブロックと同じような機能です。
Module文は変数だけでなく、処理に対しても使えます。
う~ん、例えば、ラジアンと角度の変換式とか。

TRNSYSで使う場合は下のような感じ。

(1)拡張子の変更
proformaの[File]->[export as…]でfortranのソースコードを書き出すと.for形式で書き出されるので、拡張子をひとまず.f90に変更。
これでFortran90の機能が使えるようになります。
このあたりの詳しい話は、TRNSYS.JP 1号のページをどうぞ。

(2)Module文は文頭で作成
module CommonVariablesAndConstants
・・・
end module CommonVariablesAndConstants

(3)Module文の宣言
Use TrnsysConstants
Use TrnsysFunctions

と記載されている箇所があるので、そこに宣言を追加。Module名は(2)と同じ。
Use CommonVariablesAndConstants

TRNSYSのSorceCodeフォルダにあるType62, Type63, Type99などのソースコードが参考になるかもです。

ちなみに…
Type62はCalling Excel,
Type63はThermodynamic properties of substances with NASA CEA2,
Type99はCombined Data Reader and Radiation Processor
のコンポーネントです。

Type63のNASA CEA2って一体・・・。

以上、OVER!!

ノートカバー

新しいノートカバーだもん(≧∇≦)
20130919-154207.jpg
Olivetti ってイタリアの事務機器?のメーカーでタイプライターが有名かも。
早くなじむといいな~。
以上、OVER!!

色の検索

カラーコードからどんな色かを検索したい場合、ColorHexaがおすすめ。

CMYKやRGBなどで検索できて色味がわかると同時に、その色がどんな色で構成されているか、いろいろな色の組み合わせなどを表示してくれるよ。

たとえば、#00bfffの色は、こんな感じ

色を決めたいときとかに使えるかもー。

以上、over!!

モバイルバージョンを表示。