Monthly Archives: 5月 2016

You are browsing the site archives by month.

moveコマンド

move コマンド for Windows

あるところに、フォルダにたくさんのファイルがありまして。
その中に、001から800までの番号が振られたファイル001aaa.png~800aaa.pngがありまして。
ほかにも001bbb.png~800bbb.pngや001ccc.png~800ccc.pngがついているファイルがやまほどありまして。
あるとき、お姉さんはこのaaaがついているファイルを直下のmmmフォルダに移動したいと考えました。

コマンドラインでえい。
move *aaa.png ./mmm

無事に移動できましたとさ。

ワイルドカードが使えて便利ねー。φ(..)メモメモ

以上、over!!

Output Manager

TRNSYSで計算確認用のグラフや結果を出力をする際、コンポーネントやリンク数が多くなると設定しづらいことがあります。

そんなときは、TRNSYSのOutput Managerが便利です。
Output Managerは、メニューバーの[Assembly]->[Output Manager]で起動します。
outputmanager

Output managerが表示されます。グラフを追加してみます。
outputmanager01

画面中央のディスプレイのアイコンをクリックすると、Plotterが追加されます。
(Plotterの隣はPrinterです。クリックすると同様にPrinterが追加されます。)
outputmanager02

追加されたPlotterの[+]をクリックすると出力先が表示されます。左軸、右軸が二つずつ表示されます。
出力先を選択。

画面左に表示されているコンポーネントの[+]をクリックすると出力項目が表示されます。
出力項目を選択。

出力項目を選択したら、[->]ボタンをクリックして出力先に追加します。
outputmanager03

出力項目が追加されました。
outputmanager05

SimulationStudioにもどって確認すると、[System_Plotter]とリンクが追加されています。
リンクもつながっています。
outputmanager08

Output managerでは、項目の追加のほか、グラフ軸の最大・最小値やタイトルや名前など出力に関する項目についても編集可能です。

以上、Over!!

Excel:複数ウィンドウで表示

エクセルのシートを複数ウィンドウで開くのまき。

行や列がやたらと長いシートや、シート間でのデータ参照が多い場合、スクロールやシートの移動が
面倒ですよねー。

そんなときは、別ウィンドウでの作業が楽ちんです。

[表示]→[新しいウィンドウを開く]をクリックすると新しいウィンドウでシートが表示できます。
newwindow
同じシートでも別のシートでも新しいウィンドウで開けますよー。

以上、OVER!!

モバイルバージョンを表示。