Category Archives: ソフトウェア

WindTunnel

iPadでWindTunnelCFDを使う~の巻。
テキストデータで座標を指定してモデルを作成する方法もありますが、今回は、Illustratorで作成したラフなモデルをipadで読み込んでみます。

必要なもの
★Illustrator
★itunes
★WindTunnelCFDがインストールされているiPad

検討するモデルを作成します。
(1)Illustratorで線を書いてモデルを作成
(自立循環型住宅の一階平面だったりする?^^;)

(2)SVG形式で保存(別名で保存で拡張子をsvgを選択)
このときいろんなチェックは外しておいたほうが、素直に読み込んでくれるようです。

モデルが作成されました!

iPadとパソコンをつないでitunesを起動します。
(1)ipadのアイコンをクリック

(2)画面左の[App]を選択したら、右画面下の[ファイル共有]で
WindoTunnel CFDを探す

(3)[WindTunnel CFD]を選択したら、Illustratorで作ったSVGファイルを追加

plan.svgファイルがiPadに追加されました!!

iPadでWindTunnel CFDを起動します
(1)[File]->[Open]をタップ

(2)先ほど追加したPlan.svgファイルがリストに追加されているので選択。

読み込まれました~!!!

あとは、線を消したり追加したり、計算条件を変えたり、表示モードを変えたり、いろいろ使ってみよう~

φ(..)メモメモ
うふふ。楽しい。
SVGファイルはIllustratorでなくても、Inkscapeとかでも作成できますよー。

以上、over!!

[InDesign]吹き出し

InDesignで吹き出し線を作るのまき。

(1)矩形を書いて、吹き出しをつけたい位置に3点アンカーポイントをうつ。

(2)[オブジェクト] -> [パスを開く]
3点うった真ん中のアンカーを引っ張ると吹き出しができあがり。

(3)形ができたら[オブジェクト] -> [パスを閉じる]

InDesignでもつくれるのねー。φ(..)メモメモ

以上、over!!

[InDesign]スクリーンモードの切り替え

InDesignで出来上がりイメージを確認したい場合、Shift+Wが便利~(CS5以降)

ガイドとかフレーム枠等を非表示にして印刷状態を確認できるよ。
φ(..)メモメモ
以上、over!!

photoshopでバッチ処理

複数枚の写真サイズを一括処理で小さくしたいの。

ってことで、フリーソフトを探そうかと思ったのですが、ふと全然使いこなせていないPhotoShopを思い出しました。
やっぱりバッチ処理できるのね~。

やりかたは↓のような感じ。

★アクションを記録する。
(1)アクション作成用の写真を開く。
(2)[Window]->[action]パネルを表示
(3)[新規アクションを作成]をクリック
(4)アクション名をつけ[記録]ボタンをクリック。
(5)記録開始ボタン(●)が赤●となり、記録がスタートする。
(6)解像度の変更、別名で保存、jpegオプションを指定する。
(7)停止(■)ボタンをクリック。記録を停止。
キャプチャ2

★フォルダとファイルの指定
(8)[File]->[自動処理]->[バッチ]で、バッチ処理のダイアログを表示
(9)(4)で指定したアクション名を選択し、読み込むフォルダ、保存先等を設定
別名で保存のコマンドを省略にチェックしておくと、毎回jpegオプションを設定せずにすむよ。
(10)[OK]ボタンをクリックすると一括処理がスタートする。
キャプチャ
画像サイズを変える以外の処理にももちろん使えるよ。
ちなみに、使ったバージョンはCS5でござる。
Photoshop7にも発見。ずいぶん前からある機能なんだね。知らなかったよ。ほほーφ(..)

以上、Over!!

テキストの差分表示

テキストを比較して差分表示をしたいの。

編集前と編集後のテキストの差分をとるとか、計算結果の比較とか、計算モデルのエラーチェックとかに、[WinMerge]をつかっています。

本家日本語版があるようだ。

フリーウェアで現在はWindowsのみですが、ゆくゆくはLinuxでも使えるようになるみたい。
その場合、名前はWinがついたままクロスプラットホーム対応になるんだろうか・・・。(^^;)

以上、Over!!

モバイルバージョンを表示。