Category Archives: Energyplus

[SketchUp]グリッド線を引く

SketchUpでモデルを作成するときって、ガイド線を通り芯としてモデルを作成したりします。
ただ、モデルを作りこんでいくと、ガイド線が多くなるのが難点。

こんなとき、グリッドを引いてくれる Grid Tool by SketchUp Team が役に立ちます。
インストールは、各バージョンにそってインストールしてね。

インストールすると、[ツール]→[Grid]が追加されます。

(1)Gridを選択

(2)開始点をクリック

(3)幅方向にマウスを動かしてクリック

(4)奥行方向へマウスを動かしてクリック

なんと3クリックでグリッドが引けちゃいます!

モジュールを変更するには、右クリックで選択して

間隔の大きさと個数を設定します。

変更されました!

同様に、垂直方向にも使えます。
使いたいタイミングで使えて、いらなくなったら選択してdeleteすればOK。
TRNSYSやEnergyPlusの作図でも使えます。

かなり効率あがると思うの~

以上、over!!

SketchUpのコマンド

SketchUpでモデルを作成するとき、使うアイテムを都度クリックして使うの面倒ですよね。
こんなときは、ctrl+sで保存!! 的なコマンドを使いこなすと便利です。

まず、キーボードの入力を、「半角英数」にする。(Windows画面の右下の[あ]とか[A]のあれです。)
あとは、スケッチアップ上で、pとかrを駆使してモデルを作成します。

最低限知っていると便利なコマンドリストは以下の通りです。
TRNSYSやEnergyPlusのモデリングでは、下のキーコマンドで大概片付きます。

[o]キー   オービット(モデルを中心にくるくるまわす)
[p]キー   プッシュ/プル
[h]キー   移動(hand)
[t]キー   メジャー(仮線)
[space]キー 選択(黒矢印)
[r]キー   四角形(Rectangle)
[l]キー   線(Line)
[Ctrl+Shift+e]キー 全体表示

追加~
[F]キー   オフセット

途中でわけがわからなくなったら、スペースキーを入力。
黒矢印状態にしてまずは落ち着きましょう。

以上、over!!

境界面の色でエラーを探す。の巻

作成するモデルの部屋数が多くなると面の切り忘れがあったりで、SurfaceMatchingに失敗している場合があります。

↓↓↓ たとえば下のモデルの矢印のゾーン
07
↓↓↓ Boundary は内壁なので[Zone]となるところが[Outdoors]になっておる。
08
こうなってくるとどの面のエラーなのか探すのが一苦労です。
[Search Surface] を使って探すという手もありますが、boundaryの色表示でチェックすると割とすんなりみつかったりします。

↓↓↓ おなじみの画面
01
↓↓↓ [Render By Boundary Condition] ボタンをクリックするとゾーンの色が変わります。
02
↓↓↓ [Hide Rest of model] ボタンをクリックして、確認したいゾーンのみを表示してみます。
03
↓↓↓ 設定されている[Outside Boundary Condition]の色で表示されます。
Outdoors : 青
Zone : 赤
Ground : 黄土色
Other Side Coefficients : グレー
06
↓↓↓ スケスケモード[View Model in X-RAY Mode] で全体を確認するというのもありかも。
ちょっと見づらいか(^^;)
05
ちなみに、色は異なりますがEnergyPlusでも同様の機能があります。
複数室の作成でエラーに悩んだらお試しあれ~。

以上、Over!!

EnegyPlusのプラグイン

EnergyPlus8をインストールして、スケッチアップのプラグインをインストール。
よしよし。ちゃんとEnergyPlus用のプラグインも表示されている。
キャプチャ011

結果表示でResultViewerを使うので、OpenStudio1.0.10をインストール。
スケッチアップを立ち上げると、、、あででー。
キャプチャ
Pluginのアイコンがかわっちゃったー!

今思うと、スケッチアップを起動するときに、こういうメッセージがでてました。
キャプチャ4

ちなみに、このメッセージをなんとなくスルーしちゃって、よくわからないままOpenStudio用のプラグインを使用し、idfで保存するつもりがOpenStudio用のデータで保存、なんだかしっくりこないまま、このままOpenStudioで計算すればいいんじゃん?と、いけいけどんどんで進むと、最後には、計算エンジンはEnergyPlus7のみの対応で計算できませんという落ちが待っている。ひゅるり~♪(インストールしたのはEnergyPlus8)

師匠いわく、OpenStudio版はまだ新しすぎていろいろ不具合ありで、EnergyPlus用のLegacy Pluginの利用がおすすめとのこと。

あとからOpenStudioを入れてしまった場合には、先のメッセージにもある通り、[Select Openstudio version]で切り替えて、スケッチアップを再起動すれば、Legacy Pluginで使用できます。
キャプチャ12
↓↓↓
キャプチャ13

パスの変更もお忘れなく~。
[プラグイン]->[Legacy OpenStudio]->[Preferences]
↓↓↓(OpenStudioはEnergyPlus7対応のため、パスがデフォルトでEnergyPlus7になっている)
キャプチャ01

ちなみに、OpenStudioを先にインストールして、スケッチアップのプラグインを後でインストールすると、プラグインの項目はこんな感じでLegacyのプラグインしかでてこないです。
キャプチャ16

ここまで書いて、ひょっとしてOpenStudioとEnergyPlusのみインストールして、スケッチアップのLegacyのプラグインから最新版のプラグインのアプデをかけるというやりかたもあったかなと思ってみたり。ふむ。

以上、Over!!

モバイルバージョンを表示。