WindTunnel

iPadでWindTunnelCFDを使う~の巻。
テキストデータで座標を指定してモデルを作成する方法もありますが、今回は、Illustratorで作成したラフなモデルをipadで読み込んでみます。

必要なもの
★Illustrator
★itunes
★WindTunnelCFDがインストールされているiPad

検討するモデルを作成します。
(1)Illustratorで線を書いてモデルを作成
(自立循環型住宅の一階平面だったりする?^^;)

(2)SVG形式で保存(別名で保存で拡張子をsvgを選択)
このときいろんなチェックは外しておいたほうが、素直に読み込んでくれるようです。

モデルが作成されました!

iPadとパソコンをつないでitunesを起動します。
(1)ipadのアイコンをクリック

(2)画面左の[App]を選択したら、右画面下の[ファイル共有]で
WindoTunnel CFDを探す

(3)[WindTunnel CFD]を選択したら、Illustratorで作ったSVGファイルを追加

plan.svgファイルがiPadに追加されました!!

iPadでWindTunnel CFDを起動します
(1)[File]->[Open]をタップ

(2)先ほど追加したPlan.svgファイルがリストに追加されているので選択。

読み込まれました~!!!

あとは、線を消したり追加したり、計算条件を変えたり、表示モードを変えたり、いろいろ使ってみよう~

φ(..)メモメモ
うふふ。楽しい。
SVGファイルはIllustratorでなくても、Inkscapeとかでも作成できますよー。

以上、over!!


Comments are closed.

Post Navigation

モバイルバージョンを表示。