Category Archives: Trnsys

PCM type399

TRNSYSでは標準のコンポーネントの他に、別途販売されているアメリカのTESS社のTESS Component LibraryやドイツのTRNSSOLAR社のNoStandard Typesが利用できます。

今日は、NoStandard TypesにあるPCMのコンポーネント(Type399)について。

このType399は、チルドシーリング等のアクティブウォールとPCMが統合されたコンポーネントとなっています。
チルドシーリングや床暖房などとPCMを組み合わせた計算が可能で、PCM単体でも計算できます。

ざっくりいうと、
・複数室を計算するType56とType399で計算結果をやり取りする
・設定する壁や床、天井のConstructionはType56(TRNBuild)ではなくType399で設定
・PCMのLayerの位置は任意に指定できる
・設定する壁の初期温度が設定できる
・PCMの融解温度と凝固温度などはType399内で設定
・融解と凝固のそれぞれの過程をエンタルピーと温度の関係で指定できる(2つの外部ファイル)
・Type399で計算された壁の表面温度を境界温度としてType56に引き渡して温熱計算
・Type56で計算された室内表面に吸収される熱量と室内温度をType399に引き渡して壁内部を計算
・冷媒管の間隔、材質や冷媒温度等も指定可能

といった感じなので、TRNSYSを使っている方であれば割と設定しやすい感じで計算できそうです!

以上、over!!

[TRNSYS]建物モデル

TRNSYSやEnergyPlusで温熱解析をする際、建物のモデリングって結構悩みます。

同じ図面であっても、建物モデルって作ってみると人それぞれ。

階間をどう扱うか、クローゼット、廊下、階段室とか。
階段室なんて、階で完結させたり、吹き抜けて作ったり。

結局のところ、何をどこを解析したいかにつきるので、様々でいいんだろうなーと。

最近、吹抜けのモデリングが気になっていて、「吹き抜け大全」たる本を買ってみました。
いろんな本があるのねー。

そもそもー、のところから考えてみたいと思います!読むのが楽しみ。

以上、over!!

[SketchUp]グリッド線を引く

SketchUpでモデルを作成するときって、ガイド線を通り芯としてモデルを作成したりします。
ただ、モデルを作りこんでいくと、ガイド線が多くなるのが難点。

こんなとき、グリッドを引いてくれる Grid Tool by SketchUp Team が役に立ちます。
インストールは、各バージョンにそってインストールしてね。

インストールすると、[ツール]→[Grid]が追加されます。

(1)Gridを選択

(2)開始点をクリック

(3)幅方向にマウスを動かしてクリック

(4)奥行方向へマウスを動かしてクリック

なんと3クリックでグリッドが引けちゃいます!

モジュールを変更するには、右クリックで選択して

間隔の大きさと個数を設定します。

変更されました!

同様に、垂直方向にも使えます。
使いたいタイミングで使えて、いらなくなったら選択してdeleteすればOK。
TRNSYSやEnergyPlusの作図でも使えます。

かなり効率あがると思うの~

以上、over!!

[TRNSYS]家具の顕熱容量

家具の顕熱容量をどの程度設定するのがいいか、先日話題になっていました。
詳しくは建築環境工学系日記のページをみてね。

家具の顕熱容量・潜熱容量について、
住宅性能表示制度に関する特別評価方法「年間暖冷房負荷量の計算方法を用いて評価する方法」
ベンチマークテストでは以下のような値を設定することになっています。
・室内(家具等による)顕熱容量 各室単位容積あたり18.8kJ/m3K
・室内(家具等による)潜熱容量 各室単位容積あたり41.9kJ/m3(g/kg’)

TRNSYSのデフォルトでは室内空気のcapacitanceが設定されています。
空気の密度×比熱=1.204[kg/m3]×1.012[kJ/kgK]=1.218[kJ/m3K]
室内体積に1.2をかけた値がcapacitanceに設定されます。
1no-furniture

室内家具等の顕熱容量を見込んで計算する場合は、室内空気分の顕熱容量に家具分の顕熱容量を加えて計算します。
capacitance[kJ/K]=(1.218+18.8)[kJ/m3K]×volume[m3]=20.018×volume
furniture

ってことで、capacitanceのところは室内体積に20をかけた値を設定しています。

この18.8kJ/m3Kをどう決めるかによって、capacitanceの値は変わってくるので、適宜設定しましょうー。
潜熱容量についてはつづくー。
以上、over!!

SketchUpのコマンド

SketchUpでモデルを作成するとき、使うアイテムを都度クリックして使うの面倒ですよね。
こんなときは、ctrl+sで保存!! 的なコマンドを使いこなすと便利です。

まず、キーボードの入力を、「半角英数」にする。(Windows画面の右下の[あ]とか[A]のあれです。)
あとは、スケッチアップ上で、pとかrを駆使してモデルを作成します。

最低限知っていると便利なコマンドリストは以下の通りです。
TRNSYSやEnergyPlusのモデリングでは、下のキーコマンドで大概片付きます。

[o]キー   オービット(モデルを中心にくるくるまわす)
[p]キー   プッシュ/プル
[h]キー   移動(hand)
[t]キー   メジャー(仮線)
[space]キー 選択(黒矢印)
[r]キー   四角形(Rectangle)
[l]キー   線(Line)
[Ctrl+Shift+e]キー 全体表示

追加~
[F]キー   オフセット

途中でわけがわからなくなったら、スペースキーを入力。
黒矢印状態にしてまずは落ち着きましょう。

以上、over!!

モバイルバージョンを表示。