グラフに縦線を追加する

グラフに縦線というか、垂直線を追加したいの。のまき。
時間帯を示したい場合や、空調の開始時間を示したいときに、垂直線を追加したい場合があります。

先日、グラフに範囲を示す。とTIPSで、グラフに横帯を追加してみました。横線とか横の帯は意外と簡単に追加できます。では、縦線の追加は?というと、ちょっと難しい感じがします。
というわけで、以下、無理矢理やってみた!の例です。

2軸のデータがあると話がややこしいので、日射量は一旦削除して、外気温と室温のグラフにします。
これをグラフAとします。

次に、縦線用のデータを用意し、散布図(直線)を書きます。これをグラフBとします。

散布図が書けたら、グラフBの目盛(縦軸と横軸)をグラフAにあわせて設定します。

目盛を設定したら、グラフAグラフBを貼り付けます。ぺたっとな。グラフ on グラフ。

これで一応、縦軸は追加されましたとな。

ちなみに、グラフAは折れ線グラフで書かれていましたが、グラフBを貼り付けたことで、外気温と室温のグラフの種類は散布図に変更されました。

最後に、日射量を足します。
グラフ上で右クリックをして「データの選択」をクリック

日射量のデータを追加します。

X系列とY系列を指定します。X系列には時間を、Y系列には日射量を設定。

追加された日射量の線を2軸に変更。2軸の目盛を設定します。

完成~♪

もともと設定していたグラフタイトル等は全部リセットされてしまうので、もう一度設定が必要です。

なんというか、手間ですね。。。
割り切って図形ツールで線を引くというのが一番手っ取り早いかも^^;(元も子もない。)
まぁ、グラフonグラフ、散布図の書き方の例を示したということで。とほほ。

まわりみちくねくね。

以上、over!!


Comments are closed.

Post Navigation

モバイルバージョンを表示。